長野の地下室付きの家・省エネ住宅・デザイン注文住宅ならミツヤジーホーム

  1. トップ
  2. 安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

実は、隠れた省エネ品『凍結防止帯』

2016.11.29

 いきなりですが、"冬場になると電気代が上がる"と感じませんか?暖房や給湯がガスで、暖房は灯油のファンヒーターを使っている方が一番感じやすいかもしれません。 これ、原因は『凍結防止帯』が原因のことが多いのです。『凍結防止帯』とは、水道管の凍結防止のため、電熱線ヒーターを巻く部分のことです。給湯ボイラーが外にあったり、床で断熱されている場合使われます。その電熱線ヒーターが古いものだと、ヒーター部分の電気代だけで一月2~3千円かかるそうです。これが冬になると電気代が上がる原因になっています。しかし、止めてしまって水道管が凍った場合の修理費が大きいので、止めることができません。今の新しい商品には、

続きを読む

夢のある話

2016.10.26

1分間パース

1分間パース

 月一コラム楽しみにしている方、ありがとうございます。意外とためになるという声も聞きます。(少数派か?)嫁には、文章が現実的過ぎてつまらない、なんて言われていますが・・・。 今日は、少し「夢」のあるお話をしたいと思います。みなさんは家を作るとき、こんな風にしたい、あんな風にしたいと夢いっぱいだと思います。「地下室で、ホームシアターを作りたい。」「地下室で、ジムをやりたい。」「地下室でピアノ教室をしたい。」「屋上で、ホームパーティーをしたい。」「雑誌で見た、オシャレなリビングにあこがれる。」「キッチンは、対面でオープンな雰囲気にしたい。」などなど。 ぜひ、なんでも声

続きを読む

家づくりと予算の関係

2016.09.01

みなさん、「家を建てよう」と思ったとき、何からはじめますか?家づくりが家族での話題に出て、下調べの段階です。「とりあえず、大きい住宅展示場行ってみようか?」 展示場に出向いて、超豪華な最新設備に驚き夢が膨らみ、金額を聞いてがっかりする。とりあえず、家づくりはいったん保留・・・ しかしいざ、例えば「小学校にあがるまであと1年以内に建てなくては」と現実味を帯びてきた段階で家を建てることを考えるなら、家づくりの第一歩は「予算を知る」ことなのではないでしょうか?(お金に余裕がある方は、今回の話は役に立ちませんし、家づくりのアプローチが違います。) 今回は、住宅ローンを組んで、家を

続きを読む

20年後、30年後を考えた間取りって?

2016.07.21

 だんだん、暑くなってきました。今年は、空梅雨で家づくりが進み助かっています。雨が降らないと困る方もいらっしゃいますが、ちょっとほっとしています。 さて、ブログはまたまた月一ではなくなってますが、今日のテーマは20年、30年後のリフォームを考えて間取りをつくりますか?というお題です。 海外では、同じ家にずっと住むというのはなかなか珍しいです。家族の成長や、自分たちの仕事の都合で家を買ったり、売ったり、リフォームしていきます。日本では、一度家を買うと定住し、売ったりすることはなかなかないのではないでしょうか? 家を売らないということは、生涯そこに住むという

続きを読む

長期優良住宅って何?

2016.04.14

   長期優良住宅という認定基準がありますが、みなさんご存知でしょうか? 単純にいうと高寿命のいい家ということではないでしょうか?  基準や細かいことは、以下の国土交通省のページやパンフレット参照下さいな。 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html で、何をつたえたいのかというと、「ぜひ長期優良住宅で作りましょう!」ということです。 上記のページのパンフレットにもあるのですが、日本の住宅の寿命は30年だそうです。 「え~、30年?それしかないの?」と思った方は、チャンスで

続きを読む

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

  • モデルハウス見学受付中!ミツヤジーホーム
  • お気軽にお問い合わせください お電話でのお問い合わせ:026-263-0263 各種お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ

地下室付住宅のミツヤジーホーム
〒381-0042長野市稲田2丁目11-6  TEL:026-263-0263/FAX:026-263-0262
Copyright (c) 2013 地下室付住宅のパイオニア ミツヤジーホーム(長野県長野市) All Rights Reserved.