長野の地下室付きの家・省エネ住宅・デザイン注文住宅ならミツヤジーホーム

  1. トップ
  2. 安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

暖房器具の選定について

2016.02.11

パネルヒーターの写真

パネルヒーターの写真

  寒い日が続いております。今年は、暖冬な方なのでそれほど寒く無いかもしれませんが、やはり寒いです。  さて、今回はよくお客様からの質問でどんな暖房器具がよいのか?についてです。 結論は、「輻射熱型の暖房器具」です。それって何ということになるので、代表的なものですと、温水パネルヒーターや蓄熱暖房機ですね。それ以外はダメということではないのですが、お勧めは輻射熱型の暖房器具です。  では、なぜ輻射熱型なのかというと、輻射熱に秘密があります。輻射熱とは遠赤外線による熱線により直接伝わる熱をさします。具体的には、太陽光と同じなのです。太陽光は、宇宙空間をぬけて地球に到達しあっためてくれます

続きを読む

社長の理念

2015.02.27

先日、とあるお客様のお宅へ社長と同行訪問させていただいた時の話です。実は、私自身、社長から直接会社設立当時の思いを聞く機会があまりありませんでした。訪問中の話の中、お客様より建物の性能は本当にしっかりしているという話から会社設立当時、全館暖房と高気密・高断熱にこだわり作ることを決めたきっかけを聞くことができました。もう、20年以上にもなる話だそうですが、北海道で、一年の暖房費(灯油消費量が年間800リットルほどで済む家を見学に行ったそうです。当時、年間2000ℓほどかかっていたそうで、3分の1ほどになることに驚いたそうです。かなり、昔のことなので、灯油のℓが確かかどうかはあやしいと言っていまし

続きを読む

ご挨拶

2015.02.26

 あけましておめでと言うのもだいぶ過ぎてしまった今日この頃ですがやっと忙しさを通り越し、弊社も少し落ち着いた感がでてきした。ミツヤジーホームでは全館暖房を基本性能とし、お客様に低価格で安心安全なおうち作りを提供するように努めております。中でも地下室付の住宅というのが1番の魅力の会社です。やはり地下室といっても、聞きなれない見慣れない建物であることには変わりがなく見に来られたお客様から、こんな明るい地下室が作れるんだということで非常に喜ばれています。1月から新しいテレビCMを放送しておりますが、まずは地下室のことを知って頂き、1度で良いので見ていただきたいなと思います北米あたりでは地下

続きを読む

家を建てるならいつがいいの?

2014.08.21

最近、家を建設後のお客様と雑談していたときの話です。建てるならもっと早くに建てておけば良かったなぁ~と言われ、実際いつ建てるのがいいの?と聞かれました。僕的には、建てたいと思った時が建て時といつも感じるのですが、建てるのに楽なのはいつ?と聞かれればきっと、こう答えるでしょう。「結婚する前後だね!」と。理由はいくつかあるけど、子供が生まれるとそこに手がかかり、小学校にあがるときにも、学校区がどうのこうのと悩んだり、ともかく、二人だけの問題ですむことが少なくなります。また、30歳、40歳を超えてくると、子供の大学や親の面倒だったり、本当に制限が多くなります。もともと2人で決めれられるわけではない

続きを読む

あけましておめでとうございます。

2014.01.04

みなさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、本日は4日でもちつき大会の日です。正月の三日間、昨年、今年と大忙しのため、なんだかんだと会社と家を往復する毎日でした。 ということで、今年一年どんな家づくりをいきたいかがまとまっておりません。1月6日より本格始動となりますので、それまでに考えておきたいと思います。 消費税アップ、原材料の高騰、収入の減少などいろいろなことがあります。そこを踏まえてミツヤジーホームは施主にどんなことができるのか?そんなことを考えていきます。 ということで、取り急ぎ新年のご挨拶でございました

続きを読む

安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」安江亮治の月1コラム「家はこう建てる!」

  • モデルハウス見学受付中!ミツヤジーホーム
  • お気軽にお問い合わせください お電話でのお問い合わせ:026-263-0263 各種お問い合わせフォームはこちら

このページの先頭へ

地下室付住宅のミツヤジーホーム
〒381-0042長野市稲田2丁目11-6  TEL:026-263-0263/FAX:026-263-0262
Copyright (c) 2013 地下室付住宅のパイオニア ミツヤジーホーム(長野県長野市) All Rights Reserved.